· 

サマーバレエ&ダンスカナガワを終えて


今年も梅雨〜初夏へ向けての

バレエ公演ざんまいでした!

 

神奈川県芸術舞踊協会主催

「ダンスカナガワフェスティバル2019」

参加者募集の時点では

藤野富村バレエアートの皆さんに

出てもらおうと思っていたのですが、

今回の舞台が素晴らしかったので、

来年はぜひっ!出てもらおうと

思っています。

 

僕、藤野暢央は実行委員も勤めつつ、

今回は出演者としても

参加させていただきました。

 

栗原弥生さんとのコンビで

「スパルタカスよりパドドゥ」!

 

弥生さんとはなかなか長い

お付き合いをさせていただいていますが

一緒に踊るのは今回が初めて!

ベテランの弥生さんと共に

僕のお得意のスパルタカスを

踊ることができて

とっても嬉しかったです。

 

 

続けて2週目は

日本バレエ協会関東支部

神奈川ブロック地区主催

「サマーバレエコンサート2019」

 

子供の部「ピーターパン」では

フック船長の大役を

 

大人の部「白鳥の湖Act3」では

ロットバルト兼スペインの踊り

 

そして会員参加作品では

毎年おなじみになりました

藤野暢央&富村京子のコンビで

「トゥーランドットよりパドドゥ」

 

を踊らせていただきました。

 

いやぁ〜しんどかったあ〜

 

昼夜2公演だったので

一日中舞台に出っ放しだった感じです。

 

自分なりに

フック船長やロットバルトのような

キャラクター役が板に付いてきた

気がします。

 

キャラの上下は強烈でしたが、

間に挟んだママリーナ京子との

パドドゥでは

 

京子の体を愛で貫いて

 

京子の愛を全身で受け止めて

 

会場中にばらまいてやろう

 

そんな想いで挑みました。

 

 

やっぱり踊るのは楽しいです。

 

 

いつかみんなも一緒に踊りましょうね☆