· 

ポワント熟考クラスin横浜を終えて


昨日26日。

横浜ブロッサムスタジオにて特別講座

第2回『ポワント熟考クラス』

無事に終了しました。

 

前回の新宿スタジオで受けてくれた

方々に加え、新たな参加者も数名。

ポワントクラス前の定番の表情

「期待と不安でいっぱいのお顔」

でいらっしゃいました。

 

それがクラス終了時にはこんなお顔で

みんなルルヴェアップ↓

 

 

「トウシューズを履いて踊る」

ということに皆様が抱く

概念や先入観は、割と共通していて

 

「特殊な靴を履いて、普通はできないことをする」

 

「(憧れの・理想の)バレリーナのように

トウシューズで立って踊るなんて無理」

 

など、まず「自分にはできないこと」とか

「とっても難しいこと」だと

構えてしまっているところがあります。

 

そもそもお手本として見るバレリーナは

もちろん上手な方でしょうし、

その人が修行してきた果ての姿を見て

自分と比べてみても…ねぇ。

 

 

この『ポワント熟考クラス』は

僕(藤野暢央)が教えていることに

意味があると思います。

 

なぜなら僕は

「ポワント歴数時間の超初心者」

だから。

 

でもダンサーとして培ってきた

追究してきた体の動かし方や

ピラティスを通して得た知識。

「踊りかた」そのもの

 

体からつま先へ

足からトウシューズへ

シューズから大地へ、空へ

 

ちゃんと繋がるんです。

 

注ぎ込む努力と費やす時間が

ちゃんとあれば

必ず見えてくるものがあります。

 

また必ず行いますね〜☆

 

レッスンでお伝えすることは

その場で知るもの感じるもの。

受けにきてくれた人にだけの贈り物。

 

なので内容は企業秘密ですが、

少しだけ写真でヒントをどうぞ!

 

 

次回の特別講座は

『パドドゥクラス&プチパフォーマンス』

3月26日(火)横浜ブロッサムスタジオ

 

皆様のご来場をお待ちしております!