· 

五感を尊ぶ「耳よりなお話」復刻版


ボディーワークスGRANDEのブログにて

おもしろおかしくお話してきた

「五感を尊ぶシリーズ」ですが

軽い操作ミスで、三つ目のお話を

削除してしまいました!

 

同じ話を書き起こすことは叶いませんが

また違ったユニークな「耳のお話」を…

 

僕のカラダストレッチやピラティスでは

日常の生活ではおそらく登場してこない

「感覚」をイメージとして紹介しています。

 

例えば「お尻を締める」というニュアンスは

『お尻の張りを保つ』とか

 

「つま先を伸ばす」という表現は

『爪の先を向ける』と言い換えてみたりして

 

できるできないにこだわらずに

まずは試してみることで

自らが「感じよう」としている所に

意識を向けさせる流れを盛り込んでいます。

 

皆さんは「耳の穴」を感じますか?

 

鏡で見ようとしても、どう頑張ってみても

自分の「耳の穴」を見ることはできませんね。

 

じゃあ感じるしかありません。

 

ではその「耳の穴」をどこに向けているか

想像してみてください。

 

次に「耳の穴」を引っ込めるように

縮めようとしてみましょう。

 

首に変な力が入って

引いているような…

首を短く縮めているような…

 

 

では「耳の穴」を両サイドに向けて

拡張=広げるようにしてみると

どうでしょう?

 

なぜか首がキリンのように

伸びていくような…

肩の筋肉、僧帽筋が

胸の筋肉が横向きに張っていくような…

 

 

これから皆さんの辞書に

書き足してみてください。

 

バランスを取るときや

激しい動きをするときは

 

 

「耳の穴を広げましょう」

 

 

藤野暢央の『カラダストレッチ』

川崎スタジオ 月曜11:10

新宿スタジオ 水曜10:10

練馬スタジオ 土曜11:10