· 

背骨に想いを込めて


今あるその体は、今の人生で一つだけ。

 

体というものがあなたの「マイホーム」

だったとすれば、

 

絶対に欠かせない

これがなくては生きられない

大黒柱って何ですか?

 

『背骨』です!

 

もしも背骨がなかったら?

「立っていられない」

「身動きが取れない」

 

当たり前じゃないですか…

 

そんなことよりも

「命に関わる問題だと思います」

 

そもそも

「もしも背骨がなかったら?」

なんてバカバカしくて考えもしない。

 

背骨があるのが当たり前すぎて

逆に「無視に近いほど軽視している」

 

体を上手に扱うために、

 

人生を上手く生きていくために、

 

背骨を見直してみましょう!

 

 

その1

「背骨に感謝しましょう」

 

人は生まれた日から

背骨に負荷を与え続けている。

どんなに上手にメンテナンスしても

多かれ少なかれ老朽化するし

使っている限り

痛みや変形も出てくる。

 

今日も背骨があなたの体を

支えてくれることに感謝しましょう。

 

 

その2

「背骨を意識しましょう」

 

何となくではない。

まっすぐしっかり立って

自分の体内のどの辺に

どのような形で

背骨は存在しているか、

想像力が実感に変わるほど

 

背骨を感じてみましょう。

 

 

その3

「背骨を動かしてみよう」

 

これが一番難しい。

 

例えば「腹筋を使う」「腹筋で起き上がる」

の中に「腹筋で背骨を動かす、形を変える」

という意識はない。

「腹筋をどうする?」ばっかりで

背骨は無意識にそれをサポートする

「影の協力者」?

 

重そうな荷物を持って、身を起こす。

体を起こそうとは思っているが

「背骨を起こそう」とは思っていない。

無意識でも勝手に助けてくれる

「心強い味方」?

 

…いえ。「動きの犠牲者」だと思います。

 

 

背骨を直接意識して、

思った通りの背骨の動きや

形が出た実感を得た時、

 

自然な驚きや嬉しさが込み上げます。

 

最初は嬉しい発見。

 

だけどその感覚をものにして、

いつでも思い通りに

背骨が動くようになってきたら

 

この上ない「感動」と

「自信」が湧いてきます!

 

さあ自分の背骨を信じて。

背骨を動かしてまいりましょう!

 

 

今月26日18:30〜20:30。

横浜スタジオにて「ポワント熟考クラス」開催!

ご予約受付中!

nobuokyokoballet@outlook.jp