· 

バレエ公演in自由が丘


 

自由が丘にある高級高齢者施設で

バレエ公演を行ってきました。

 

今回で4つ目の新しい施設との

出会いでしたが、居住者さまが

全員観にきてくれたのではないかと

思うくらい、お部屋いっぱいの

観客さまをいただきました。

 

実は私、藤野暢央が…

本番の前々日から用意していた

リノリウムの運搬作業を色々と

やっておりまして、翌日から

本番まで…どうやらギックリ腰に

なってしまっていて、とても

踊れる状態ではない…できれば

今回の舞台はお見送りしたいと

思うほどに辛い状態でした。

 

アラベスクに全く脚が上がらない…

1ミリくらいしかジャンプできない…

リフトなんてできない…

そもそも普通に歩けない、立ってられない

 

どうしヨォ〜!

もう冷や汗でも笑顔で乗り切るしかない…

 

そんな中パフォーマンスは始まりました。

 

そしてここからが今日のブログ

『アドレナリンは、あなどれなりん』!

 

 

開始2分くらいでお客様の一人が

「まあなんて素敵なの!」

「素晴らしいわ!」

と声を上げて

真剣な眼差しでこちらを見ていました。

 

その声を聞いた瞬間から

僕の中に熱い何かが溢れ出して…

 

ハイ、痛みなくなりました!

 

アドレナリンの洪水です。

 

そこからは痛みをこらえてというより

いつも以上の踊りができたような気がします。

 

 

ママリーナ京子もいつも以上に

可愛かった…素敵だった…

 

今回も一緒に踊ってくれた麻里ちゃんも

温かく見守ってくれるお客様と共に

また一歩成長した踊りを

披露してくれました。

 

 

高級老人ホームでご披露させていただく

バレエは、皆さま本当に心から

喜んでくださって…

 

踊るこちらとしても

本当に幸せな気分をいただいてきます。

 

 

あとアドレナリンって

本当にすごいわ…と。

 

終わってからのギャップが

本当に恐ろしかったのですが

信頼している鍼灸の先生に

その日の夜すぐに診てもらって

腰は結構大丈夫です。

 

でも夫婦揃って昨日と今日は

バタンQ…

 

一日一緒に付き合ってくれた

息子くんにも本当にありがとう!

 

 

また新しい出会いのために

 

これからも頑張ってまいります。

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    みぽりん (火曜日, 21 1月 2020 21:30)

    お疲れ様でした!
    そして、心から見たかったです。

    ノブオ先生、本当に痛くなかったんですか??
    前日のピラティスのクラスの時、マヂで半泣き直前だったから…。   

    私は腰の治療に加えて、頭痛の治療も同じクリニックで始めてもらいました。  
    「痛みさえなければ!」と同時に、「痛みは先生」でもありますしね。
    だけど、痛いの、ヤダ!

    次は見られますように❣

  • #2

    藤野暢央 (火曜日, 21 1月 2020 23:01)

    いやぁ~。本当にビックリなほど無痛でしたよ。
    ぎっくり腰はちゃんと取られたデータ上で、1.寝たきりで回復を待つ 2.治療を受けつつできるだけ安静にする 3.できる限り普通に日常を過ごす の3つだと、回復する時間は1が一番長く掛かり、3が一番早いのです。
    痛みを感じない状態でしっかり動いたら、ほぼ普通に戻った感じでした。
    針治療でお腹いっぱい刺してもらったら、翌日は腹痛で動けなかったです…

  • #3

    みぽりん (金曜日, 24 1月 2020 19:19)

    ノブオ先生、すぐに回復されてよかったです。流石ですわ。
    坐骨神経痛は怪我ではないから、動いたほうが良いと思っていましたが、ぎっくり腰は一種の怪我という認識なので、1か2が良いと思っていました。やっぱり3ですか!

    私もブロック注射の治療を受け始めて、運良く巡り会えた、スーパードクター「たち」に、「今の段階では、絶対に手術はしません。注射で痛みを抑えつつ、運動して筋肉を鍛えて骨格を支えて、改善行きましょう」と言われています。やりすぎは禁物だけど、とにかく、運動しなさいって。
    そして、痛みが和らいできたら(まだ痛いけど、向き合い方に、「作戦」を立てる方向になってきました)、以前のように、楽しくヨガもピラティスも遣れるようになってきて、嬉しいです。
    この波がバレエに戻りますように!