· 

自己満足トレーニングVol.2

 

プロの時期、学生のとき、お子ちゃまの時、

全部含めてバレエ歴30年。

 

ピラティスのインストラクターとして

活動させていただいて10年。

 

現在41歳でまだまだ頑張れるぞ?!と

思っております。

 

年上の人からすれば

「まだまだ若いよ〜」と言われますが

20、30代の人からすれば

「・・・」(下手なことは言えない)

という反応をいただきます。

 

自分では最近、頭も体も

「ちょっとおじちゃんになってきた」

と思ってます。

 

思ってもいいでしょう!

 

けれど、いい体でいたい!という願望は

そんじょそこらの若者には負けません。

 

バレエ団でプロのダンサーとして

バリバリやってた頃は

 

仕事ですから、生活ですから

嬉しかろうが、苦しかろうが

筋肉痛だろうが、寝不足だろうが

暑かろうが、寒かろうが

 

有無を言わさずとにかく踊ってましたから

 

スタミナ(体力)について

悩む必要が全くなかったです。

 

けれど今は、毎日朝から晩まで

踊ってませんから

 

時々不安になる…のは仕方ない。

 

では!鍛えましょうっ!何を???

 

 

スタミナって、ある程度の長さの運動を

継続してできるかどうかのもの。

 

人に課せられたミッションを

自分がこなせるかどうか?のところに

自分の体力が保つか?保たないか?を

当てはめて考えるのはナンセンス。

 

自分がやろうと決めたことを

ちゃんとやり切れるように仕向けるのが

目標達成への道。

 

 

じゃあ呼吸からやってみよう。

 

一発めちゃくちゃ上手な呼吸ができても

しょうがない。

 

スーーーーハーーーースーーーーハーーーー

同じペースの呼吸を10回絶やさずに

やってみよう。

 

「わっ!」と単発でデカい声を出せることが

強さとは言い切れない。

 

わーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、ある程度の太い声を

一定の速度で、同じ太さで

10秒くらい絶やさずに出してみよう。

 

 

じゃあ腕をぶん回してみる。

 

重たいダンベルを持って振り回せても

しょうがない。

 

ブンブン腕を振り回すだけじゃあ

すぐに疲れて終わる。

というか飽きる…。

 

ワーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、同じ方向に1分間ぐらい

回し続けてみよう。

 

もちろん反対回しも…

 

 

じゃあ足踏みしてみる。

 

オイッチニィ、オイッチニィと歩いても

幸せは歩いてこない。

 

ロボットみたいにガシャンガシャン

歩くんじゃなくて

 

ウィーーーーーーーーーーーーーーーーーン

と、気が済むまで

一定のリズムをずうっと保って

足踏みを続けてみよう。

 

 

滝に打たれるのも

打たれる瞬間の痛さや冷たさやらを

考えるだけじゃあ、何も知らないうちに

諦めてしまうだろうよ。

 

滝は打たれ続けながら

しばらくじいっとしているのが

修行なんだなぁ〜。

 

やったことないけどね♪