· 

あなたの手の中にあるもの〜ゆびトレ〜


本日「手足のゆびトレ」の

第一回目が行われました。

 

今回ご参加いただいた方から

 

手足のゆびとカラダの繋がりを感じることで

大きなヒントを得た

 

意識する部分や意識の仕方を変えるだけで

大きな変化を感じることができた

 

などの嬉しいご感想をいただきました。

 

 

バレエを踊る人間としても

指導する人間としても

 

ピラティスを通してカラダ作りを

追究する人間としても

それを伝える人間としても

 

大きな筋肉や骨格の作り方や在り方

関節の機能やその動かし方

テクニックの身に付け方などは

 

大体がマニュアルに書かれていて

大抵の人が正しいか間違いか?

良いか悪いか?の判断を

大まかにつけられるような

ある程度が決まっているルール

のようなものがあります。

 

 

けれどバレエでもピラティスでも

手足の「ゆびの使い方」なんて

どこにも書いていないし

 

そもそも「正しい使い方」なんて

ありません。

 

判断の仕方としては

「使っているか?使えていないか?」

ぐらいの境界線の狭間にいるのでしょう。

 

なので「自分のゆびの使い方」なんて

「自分で決めるしかない」のです。

 

 

そうとなればあとは

「楽しいことだけ」です。

 

だって自分で決めた

意識や感覚、動きのイメージが

 

そのまま自分にとっての

「正解の動き」に

なっていくのですから。

 

そんな

「100%想像通りの練習」の

お手伝いをさせてもらうのが

 

「手足のゆびトレ」

 

です。

 

あなたの想いは

その手の中に

すでに在ります。

 

ノブオ