· 

五感を尊ぶ「鼻で匂う」その4


犬の嗅覚ってすごいのって

みんな知ってますよね。

 

猫の嗅覚も実はすごいって

知ってますか?

 

犬の匂う力って、動物界で

ナンバー「ワンっ!」に近いですけど

鼻の前にくっつける近さじゃないと

気づきもしないんですって!

 

その反対に猫は、広範囲の臭いを

キャッチできるという…

 

そう考えると、人間の鼻って

大した事ないんだな〜って

思われるかもしれませんが

 

人間の「嗅覚」の素晴らしいところは

 

「匂いから様々な想像に連想、

または『転想』できる事」

 

 

例えばカレーを目の前にして

「ああ〜美味しそうなカレー」

と匂うでしょうが

 

カレーのないところで

カレーの匂いを想像して

「ああ〜カレー食べたいな〜」

って思えます。

 

 

ワインの香りを知っていれば

ボトルに入っているワインを見ても

ワインの香りを想像できます。

 

ソムリエさんはワインを匂い

普通の人には分からない次元で

その成分やら風味やらをキャッチしますが

 

「鼻」だけでなく

味見して「味覚」も使いますし、

どこから来たワインだとか

「風土」や「歴史」など

様々な情報もミックスされて

ピーンと繋がる答えがあります。

 

これは脳内の想像力のみならず

全身から溢れる「感性」

プラスされての事ですね。

 

 

刑事さん

「事件のニオイがする」って言います。

 

事件くさいとかいうだけでなく

現場の雰囲気から現れるような

想像できるような「ニオイ」

あるのだと思います。

 

雨が降った時のアスファルトの香りのように

ようく鼻を凝らして感じてみると

「今日は雨が降るんじゃないか?」と

なんとなく嗅ぎとることができそうな…

 

目の前の人と明るいトークをしているのに

実は深刻な話を切り出そうとしている

「ニオイ」を感じませんか?

 

 

人間の「嗅覚」って

五感の中で使用率、利用価値

ワースト1位になっていると思います。

 

 

でもそんな「弱い感覚」であるが故に

 

匂いを最大に使って想像してみる事は

 

自分の「より深いところの意識」

=「潜在意識」に触れるような

 

能力開花に繋がります。

 

 

舞台に立って

照明を浴びながら

拍手喝采を受けて

幕を閉じる

 

そんな「匂い」を想像できれば

 

また頑張っていける気がしませんか?

 

 

 

僕のカラダストレッチでは

「鼻の向き」「香り」も

トレーニングに使っております。

 

 

『カラダストレッチクラス』

川崎スタジオ 月曜11:10

新宿スタジオ 水曜10:10

練馬スタジオ 土曜11:10