· 

良いカラダ作りの条件


実感が湧くほど自分のカラダに変化を感じる。

より良い体、求めるカラダになっていく。

バレエでもピラティスでも

自分が求めるカラダや動きを習得するために

まず第一に。絶対的に必要な要素は

 

「気持ち」です。

 

そりゃそうだ。と言ってしまえばそれまでですが…

 

誰しもが

「硬いところ→柔らかいところへと」

「動きの悪いところ→動けるところへと」

といったことを「修正するところ」として

考えますが、これは正論です。

 

体のどこの部分でも

 

〇〇しようと思うのにできないところには

「〜ならないように、〜しないように」

という抑制が掛かり、無意識にでも

収縮、停止(動きがない)、締め

が発生し、逆に

 

「〇〇なるように〜、〇〇するように〜」

という思いが素直に受け入れられれば、そこには

伸長(伸び)、作動(動く)、広がり

が生まれます。

 

 

例えば

箱の中に手を突っ込んで

中身を当てるゲームをするとして

 

先に

 

「中には気持ち悪い生き物が入っています」

と言われてしまったら

腕は引きに引いて超収縮。

肩や首もガッチガチなはず。

そこには

「やりたくない。触りたくない。知りたくもない。」

という強い「Not Want To~」という

否定的な気持ち。

 

でも

 

「中には何枚か紙切れが入っていて、

その中の一枚は一万円札です」

と言われたら

別に一万円が欲しいわけじゃなくても

どれが一万円か当てて見たいという

好奇心や探求心が湧いてくるのでは?

そんな時の腕や首の伸びは…

すでに違いますよね?

 

 

要するに

腕を上げて

「この天井に触りたいな〜。

天井の向こうに何があるのかな〜。」

「Want To」のポジティブな気持ち

たっぷりで10秒くらいじっとしていると

腕にもカラダにもじわじわ〜っと

「伸びが発生してきます」

 

「無理無理〜。届くわけないって。

あ〜めんどくせぇ〜。」とかが

入ってくると…

いつもの現実へとすぐに戻ります。

 

 

じっくり確実に

変われるよ〜

できるよ〜なれるよ〜

を信じて。

 

伸びを感じるのには少々時間が掛かります。

瞬時に答えを出そうとせずに

10秒くらいじっとしてみて下さい。

 

 

只今カラダストレッチクラスでは

「筋膜伸びるよ〜動くよ〜感じるよ〜」

を実施しています。

 

カラダストレッチクラス

月曜日 川崎スタジオ11:10

水曜日 新宿スタジオ10:10

土曜日 練馬スタジオ11:10