· 

思い描いたラインで動く


 

人差し指をペンに例えて

目の前の空中に縦線を一本

描いてみて下さい。

 

まっすぐできれいな直線

引けましたか?

 

同じように

適当に波線を引いてみて

 

一度手を下ろしてから

全く同じ線を同じ場所に

描いてみて下さい。

 

また

一度描いた波線を

描き終わりのところから

逆戻りになぞって

 

通ってきた道を

正確になぞって帰ることが

できますか?

 

 

いきなりテストでした。

 

 

一つ目の直線は

「線を引いてからまっすぐかどうか

後から考えた」のではないでしょうか?

 

先に引くべき直線を空中にイメージして

それをなぞるように動いてみては

どうでしょう?

 

二つ目の波線は

もちろん先にイメージしてからですが

直接描く場所を見ないようにして

目に頼らずに腕を動かしてみる

どうでしょう?

 

どちらも適当に試すよりも

先にイメージしてから描いてみると

強い集中力のパワー

腹筋が入っているのを

感じるはずです。

 

 

バレエのレッスンでは

目の前に次々と現れる

先生からの課題をどんどん覚えて

どんどん実行していくスピードの中で

 

たった今の動きもよく分からず

動いてからたった今自分が

何をしたかもよく分からずに

?マークと焦りで一杯いっぱいに

なってしまうのではないでしょうか。

 

 

時に「自習をする」方が大事です。

 

自分が今から何をするかを

先にはっきりイメージして

 

イメージ通りに動いてみて

 

イメージ通りに動けたかどうか

確認してみて

 

またイメージし直してから

繰り返し練習する…

 

 

先行イメージと動きが

バッチリ一致するように感じられたら

 

レッスンで動いてみた時に

まるで前にやったことがあるかのような

 

「体はすでに知っている」という

状態に感じられることもあります。

 

 

今月31日、水曜日。

新宿スタジオにて特別講座

「ピラティス&バレエ」

を行います。

 

ご自分のカラダに

新しい出会いを感じてみて下さい。

 

ご予約メールにて受付中。