· 

なぜ?ボディコンディショニング


新宿スタジオにて、毎週水曜日。「カラダストレッチ」を受けてからバレエクラスを続けて受講いただけるようになりました。先週よりマットも備え付けて、楽しさ倍増!

 

僕が教えているピラティスを初め、様々な「ボディコンディショニング」が体づくりはもちろん、ライフスタイルの向上やバレエの役に立つ運動として、たくさんの人が参加されています。

 

日々、バレエのレッスンだけでも十分な運動量と時間を費やしている上で、さらに他のトレーニングなんて無理ムリ!と思うのは僕も同じ。なので今回は「なぜ?何の為に頑張る?」をお話したいと思います。

 

バレエのレッスンではバーレッスンからセンターへ、決まった流れで様々な動きの組み合わせで進んでいきます。ずうっとバレエをされてきた熟練者は要領を得ていて、初めてに近い方は考えること、やることがてんこ盛りの状態です。

これは大まかな例で、違う人もいますが、バレエクラスでは「初心者は動きを覚えて間違えないように必死」で「熟練者は動きがシステム化していて、あまり深く考えていない」ということが多く見られます。

 

そんな中、先生が「もっとつま先を伸ばして!」とか「背筋を引き上げて!」とか「腹筋とか内ももとか使って〜!」とかの注意を飛ばしてきて、誰しもがハイっ!と「ただググッと力を入れて頑張る」という、その時限りの即席な動きに片付けてしまうところがあります。 バレエクラスの真っ最中に「内もも使うってどういうことかな〜?」とか「つま先を伸ばすってどうすればいいのかな〜?」とかを考えているヒマなどない、ということですね。

 

バレエクラスに「初心者向け」「上級者向け」があるのならば、ボディコンディショニングは「筋力強化の補助クラス」とは捉えずに、「素敵なお料理のための楽しい下ごしらえ」と考えて欲しいです。上級者にとっても「更に向上するための神秘のスパイス」として受け取って欲しいところ。

 

 

「足の骨ぼねを全て動かす法」を知った上で伸ばすつま先は、笑みがこぼれます。

 

「内ももって伸びると強いんだ」を知った上で繰り出すプリエから、感動の涙が沸き出ることもあります。

 

 

人生どの時点からでも「向かい合う」ことができて、どの時点からでも「改める」こともできます。

 

最初は正体不明の筋肉痛に襲われるかもしれないけど...

良い事しかないので、ぜひ受けに来てくださいねっ!